ゆるゆるな日々
作った物の記録です

カレンダー(月別)
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

杏仁

  • Author:杏仁
  • 絶賛放置中ですが、ぼちぼち手を動かしてはいるのです…
    ヘタレ手仕事が趣味です。主に春夏は簡単ソーイング、秋冬は編み物に精を出しています。

カテゴリー

最近の記事+コメント

いらっしゃいませ

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





編み込みの帽子
今年出た本から帽子が編めました。わーい。

編み込みの、ベストかセーターかを編みたくなったのですが、その前に編み込みに慣れようと思ってまずは小物を。糸の引き具合がどうにもうまくいかないので、渡すのは2目くらいにして、まめに交差させることにしました。(教科書的なやり方無視・・・)結果、編み込みへの苦手意識がちょっとだけ減ったような気がします。だんだん模様が出来るのも楽しいし。本ではすそから全部輪編みなのですが、やはりどうしても自信がなくて編み込みだけ往復編みにしました。ゴム編み部分は目を拾い出して輪に編んであります。 
なわ編みや透かし編みの模様と、全然感覚が違うんですね編み込みって。基本的に裏も模様なので気が抜けない、一休みできない(裏の段は普段は「一休み」な感覚)というか。ひたすら数をぶつぶつ唱えながら集中したぶん、あっという間というほどではないですが、いつのまにか何段も進んでいたという感じです。

使用糸:メリノスタイル並太(ダルマ)1と4
使用針:6号、4号
参考パターン:「24色の糸で編むニットウェアとこもの」よりFの帽子

・・・編み込みが終わった後の減目部分、丈が長そうに見えたので勝手に段数を減らしたら余裕のない見た目になってしまいました。かぶるには支障がなかったのでまあいいかなというところです。


この帽子の前に、練習でエイトスターとかの典型的な模様を編んでみたのですが、途中で挫折しました。渡す目数が多いのと、1模様の段数が多い物はまだ早かったようです。(多色使いは糸始末が苦手なのでまだ選択肢に入らない)
関連記事




この記事へのコメント
名前
タイトル
メール
URL

password
管理者にだけ表示を許可



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。