ゆるゆるな日々
作った物の記録です

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

杏仁

  • Author:杏仁
  • 絶賛放置中ですが、ぼちぼち手を動かしてはいるのです…
    ヘタレ手仕事が趣味です。主に春夏は簡単ソーイング、秋冬は編み物に精を出しています。

カテゴリー

最近の記事+コメント

いらっしゃいませ

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





初めての靴下
2016初の更新ということで。えー、まずは小物です。
並太の毛糸で、靴下を編みました。ちゃんと1足できたのは、たぶん初めてだと思います。

つま先の色が違うのは、ちょうど1玉終わったところで別の糸を足したからです。
今までずっと、4本とか5本の針で輪編みは苦手だし、その上同じ物を2つ編むなんて飽きそう、だから靴下は編めないと思っていたのですが。もしかしたらということもあるし、見るだけでもきれいだからと過去に買っておいた本が、役に立ちました。嶋田先生の「手編みのソックス」です。この本を使う日が来るなんて(しみじみ)・・・

基本の編み方解説がしてあるページのB、「ボックス型のかかと+四角いかかと底」、つま先は「均等に減らす形」。かかとに関しては初めて編むので記号図と写真とを追っかけて、わからないまま編むと形になっていて、わくわくしました。これは楽しい!つま先はメリヤスはぎのいらない方法にしました。何か編みたいけれど、大物を思いつかなくて、じゃあ靴下に挑戦してみる?と4本針を出してきて、ちょっとどきどきしつつの初編みだったのですが。見た目は不細工ですけども、まずは形になったことがうれしいです。できたよーーーー。4本針が使えたよー!自分の中ではすごい感動。さっそく履いてみたらじわーっと暖かい。大きいので普段の靴下の上からカバーソックスのように履きます。

これは、ソックヤーンに挑戦したくなりますね。ちゃんと普段に穿けるような靴下を編みたい。気軽に洗濯できる素材の。細い針だとハードルが高いかな?なんだかすでに妄想が始まっています・・・
スポンサーサイト





半袖のベスト
世の中クリスマスだそうですが。楽しそうなのはいいですね。

セーターの残りの糸で、ベストを編みました。肩が寒いので袖付きにしました。

使用糸:メリノスタイル並太(ダルマ) 7玉
使用針:6号、5号
参考パターン:「編むのがたのしい、ニット」より、「メリヤス編み好きの目立てのセーター」
15v33.jpg


本を見て一目惚れした形です。袖を短くしてベストにしたら、手持ちの糸の分量で大体編めそうだったので選びました。
ゲージが違うので目数などは変えました。衿の段数は少なく。後ろ身ごろは増減のリズムを前と同じにして、身ごろからヨークに移るときに数段の引き返しを入れて前後差らしきものをと思ったのですが、あんまり差が無かったかも(=∀=) 身ごろの幅は、模様の影響で編み目が傾く分、予定より狭めにできあがってしまい、着てみるとかなりぴったりですが、部屋着だし、暖かいのでよしとします。

>>more




Vネックのセーター
やっとこさという感じではありますが、今季初の大物ができました。風工房さんの「アラン&ガンジーニット」より、「ガンジーVネックセーター」です。
15p11.jpg
糸はダルマさんのメリノスタイル並太を使いました(12玉)。この糸大好き。暖かくて幸せになれます。
15p12.jpg
ただ、いちばん目立つ衿の中心が、なんか違う…あー、ゲージがちょっと違う分段数を変えた後で、模様が合うか確認していなかったからだなー。もちろん知らんぷりして着ますけども。

この糸、20玉買ったので、残りでベスト編みます。




Annie
アトリエ・トワインさんのタイニー・ネップという糸でベストを編みました。
15v21.jpg
Annieという、スタイリッシュ2ndのためのパターンですが、タイニー・ネップでも同じゲージでできました。
15v22.jpg
首からのトップダウンでぐるぐる編みます。黙々とメリヤス編み。・・・最後に編む前後差の引き返し編みを、そで口あたりの段に変更しました。
ポンチョから手を出すような形なので、上着が着にくいためもっぱら部屋で愛用しています。肩から背中が寒いときにすぽっとかぶれて便利です。タイニー・ネップは見た目もかわいいですが、編んでいて、好きな触れ心地。アンゴラかラムか?きゅっと乾いた感触があります。なめらか~とかてろてろするする~とは違う、ひと目ひと目しっかりこっちに来てくれる(?)感じ。毛羽が少なく、編み地はふっくらしていて暖かいです。




白いかぎ針編みの帽子
これも前とおなじ、ベストの残りの糸でできました。

こちらは全部かぎ針です。裾の方は引き上げ編みで縁っぽく。
模様は「お洒落なおばあちゃまの手編みの帽子(レディブティックシリーズno.3336)」の31ページを参考にしました。目が詰まっているので暖かいと思います。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。